日立建機日本 Hitachi Construction Machinery Japan 日立建機日本
サイト内検索 HITACHI Realiable solutions

ZX490(LC)R-6

石灰石・砕石特別強化仕様機

高い品質と強固な耐久性を実現。

製品特長

Rブーム

内部溶接、完全溶接を行い、ブームの剛性をアップし、耐久性を向上しています。また、ブーム先端側板の一枚板構造、ブーム先端ブッシュの肉厚アップなど、多くの点で耐久性の向上を図っています。

Rアーム

アームのサイドフレームの板厚をアップ、耐久性を向上しています。アームへこみ防止プレートと5本の角材が石灰石・砕石掘削積込み作業時のアームの変形を防止します。

下部走行体

強化型走行モータガード

転石から走行モータを保護し、走行モータの破損防止を図りました。

フルトラックガード

転石から下ローラ・リンクを保護しています。新型では内外ガードを一体型にすることで、耐久性を向上しました。

強化型アイドラブラケット

頻繁な衝撃でも耐えられるようアイドラ部を強化しました。

仕様

ZX490R-6 / ZX490LCR-6

石灰石・砕石特別強化仕様機

質量

運転質量
49,100㎏ / 50,000㎏
機体質量
37,400㎏ / 38,300㎏

性能

旋回速度 走行速度 高/低
9.5min-1 (rpm) 5.5 / 3.9㎞/h
登坂速度
70%(35度)
最大掘削力 新 JIS(バケット通常時 / パワーディギング時)
296(30,200)kN(kgf)
最大掘削力 新 JIS(アーム通常時 / パワーディギング時)
224(22,800)kN(kgf)

油圧装置

油圧ポンプ形式
可変容量形 ピストン式×2、 歯車式×1
主リリーフ弁セット圧
旋回油圧モータ形式
定容量形ピストン式×2
走行油圧モータ形式
可変容量形ピストン式×2
駐車ブレーキ形式
機械式

油類の容量

燃料タンク容量(軽油) 作動油タンク量(タンク基準レベル)
675L 510L(310L)
エンジンオイル容量 尿素水タンク容量
41L 95L

バケット

標準バケット容量 新JIS 岩用 標準バケット幅(強化型グローサシュー)
1.9㎥ 600㎜

エンジン

名称 形式
いすゞ
6UZ1XASA-01
水冷式6気筒直接
噴射式 電子制御式
定格出力 ネット 総行程容積
270/2000㎾/min-1
367/2000PS/rpm
9.839L9,839㏄

足回り

接地圧
91(0.93) / 85(0.87) ㎪(kgf/㎠)

排出ガス規制届出情報

特定特殊自動車の車名および型式
日立 JAGA
特定原動機の名称および型式
いすゞ6UZ1XDQA
・単位䛿、国際単位系(SI)による表示です。 ( )内䛿、従来䛾単位表示を参考値として併記しました。

装備品一覧 ◎:標準仕様 ●:オプション対応 ー:対応なし

ブーム
R ブーム ◎(7.0m)
H ブーム
アーム
R アーム ◎(3.4m)
ショートアーム
セミロングアーム
ロングアーム
バケット
1.9㎥R バケット ◎(砕石用)
1.9㎥R バケット ⚫︎(石灰石用)
1.9㎥バケット ⚫︎
2.1㎥バケット ⚫︎
1.9㎥岩用バケット ⚫︎
シュー
600㎜トリプルグローサシュー
600㎜ダブルグローサシュー ⚫︎
750㎜トリプルグローサシュー
900㎜トリプルグローサシュー
カウンタウエイト
標準ウェイト
増量ウェイト
キャブ
H / R キャブ
標準キャブ
前面上下ガード(OPG レベル 2) ◎(縦桟)
ヘッドガード ◎(H/Rキャブ)
ROPS
サンバイザ ⚫︎
シート ◎(メカサス)
⚫︎(エアサス)
下部走行体
フルトラックガード
トラックガード(片側2個) ⚫︎
走行モータガード
アイドラブラケット強化
トラックアンダカバー
アタッチメント配管
ブレーカ配管
ブレーカ配管・破砕機共用配管
アシスト配管
アタッチメント 2 速切換え
ライト
ブーム右作業灯
キャブ上ライト ◎(2灯)
その他
旋回体アンダカバー ◎(強化型)
手動、自動切替え式給脂装置
電動式自動給脂装置
グリースガン(充電式 )
エアクリーナダブルエレメント
プレクリーナ
消火器 ●︎
通信ユニット

お近くの
拠点を探す

全国43都道府県・243拠点のネットワークで充実のサービスをお届けします。

お問い合わせ

商品に関するお問い合わせ、お見積、資料請求など、まずはお気軽にお問い合わせください。

Cookieの利用について

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。
Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。