日立建機日本 Hitachi Construction Machinery Japan 日立建機日本
サイト内検索 HITACHI Realiable solutions

サステナビリティ

企業としての取り組み

COMPANY

サステナビリティ

企業としての取り組み

COMPANY

各種教育の充実化

人権教育・研修

従業員一人ひとりの人権意識向上については、階層別研修の中で人権啓発教育を継続的に実施しています。また、人権に関する通報制度として、従業員に対しては「内部通報制度」を、社外ステークホルダーに対してはWebサイトの「お問い合わせ」を通じて対応にあたっています。今後も、人権への取り組みを個人レベルに落とし込み、多様な人財が活躍できる環境づくりを進めていきます。

コンプライアンス教育

日立建機グループにとってのコンプライアンスは、法令遵守にとどまらず、行動規範を理解し、高い倫理観を持って、誠実で公正に行動することを意味します。社内のコンプライアンス状況の共有、再発防止に向けた諸施策の周知・展開のため、コンプライアンス推進責任者およびコンプライアンス・マネージャーが配置され、統一的なコンプライアンス活動を推進しています。

  • ・内部統制委員会という全社組織による、三権分立の徹底及び内部監査の実施
  • ・全従業員へ内部統制の教育を実施、内部統制の理解度向上を図る

DX・RPA導⼊

DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進

お客さまの課題解決に向けたDXとして、これまでの業務改革の延長ではなく、お客さまへの提供価値を描きながら新しい仕組みを作り、組織を変革していく。そのために社内の業務改革のためのDXにも積極的に取り組んでいます。

RPA(Robotic Process Automation)の活用

当社では、IT部門だけでなく各事業部門の業務担当者が積極的に関わることで、RPAによる日常業務におけるPC処理の自動化を推進し、業務負担の低減を図っています。

中古車事業の活性化

日立建機グループでは、機械のライフサイクル全体を通じて最適なソリューションを提供するバリューチェーンを柱としています。当社の中古車事業では、グループ各社から集められた良質な中古車を整備して、保証付認定中古車としてお客さまへ提供しています。保証付認定中古車は、日立建機独自の点検や整備の基準をクリアした品質の証として「Hitachi Construction Machinery PREMIUM USED」を冠し、信頼の高い性能を約束しています。

サーキュラー・エコノミーのモデル

労働安全衛生

当社では、「安全と健康と法令を守ることを全てに優先させる」との基本理念のもと、労働災害を未然に防ぐために、さまざまな安全衛生活動に取り組んでいます。活動にあたっては、全社安全衛生推進委員会が全体の安全衛生活動を統括し、労働災害に関する情報共有や活動報告、計画の策定等に取り組んでいます。
そのうえで、労働安全衛生マネジメントシステムを構築し、ISO45001規格認証取得し計画的に推進展開しています。
また、従業員およびそのご家族の心身の健康と、働く人たちの健康年齢延伸などの施策に貢献するべく、健康経営への取り組みを推進しています。日立建機日本は2021年3月に、日本健康会議から2021年度の「健康経営優良法人」に認定されました。

お近くの
拠点を探す

全国43都道府県・243拠点のネットワークで充実のサービスをお届けします。

お問い合わせ

商品に関するお問い合わせ、お見積、資料請求など、まずはお気軽にお問い合わせください。

Cookieの利用について

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。
Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。