日立建機日本 Hitachi Construction Machinery Japan 日立建機日本
サイト内検索 HITACHI Realiable solutions

サステナビリティ

環境への取り組み

ENVIRONMENT

サステナビリティ

環境への取り組み

ENVIRONMENT

環境⽅針

スローガン

みんなで守ろう
未来のために⻘い地球を
次世代に

基本理念

当社は、地球環境の保全と持続可能な社会の実現を進めていくために 「地球温暖化の防⽌」「資源の循環的な利⽤」「⽣態系の保全」を重要な3本の柱とする環境ビジョンを定め ⾏動していきます。

環境⽅針

環境側⾯に関係する法律、規制及び当社が同意するその他の要求事項を順守するとともに、 業務⼿順を整備し、環境マネジメントシステムの継続的改善及び汚染の予防の推進に努めます。
内部・外部の課題を明確にしてリスクに基づく考え⽅をもとに事業活動が環境に影響を及ぼして いることを認識し、環境活動として以下のテーマに取り組みます。

  • A.資源の循環的な利⽤・⽣態系の保全を⾏うために、以下の3点に取り組む

    • a.中古⾞の拡販・・・(資源の循環的な利⽤・リユース)
    • b.再⽣部品の拡販・・・(資源の循環的な利⽤・リサイクル)
    • c.産業廃棄物(最終処分量)の削減・・(⽣態系の保全・リサイクル)
  • B.地球温暖化の防⽌を⾏うために

    • a.電気使⽤量の削減・・・(CO2削減・地球温暖化の防⽌)
    • b.環境に配慮した排ガス4次規制機・HYBRIDショベルの拡販(販売・レンタル資産台数の拡⼤)
      ・・・(プラスの環境影響・CO2削減・地球温暖化の防⽌)

この環境⽅針達成のため、技術的・経済的に可能な範囲で全社的に環境⽬的、⽬標を明確にします。
また、環境⽬的・⽬標及び環境⽅針は、定期的に⾒直します。
環境⽅針は、組織で働くまたは、組織のために働くすべての⼈に周知するとともに、協⼒会社にも伝達して理解と協⼒を要請します。

環境保全活動事例

廃棄物の分別化・削減

資源の有効活用に貢献するため、事業活動に伴う廃棄物の分別化・削減を推進しています。また、建設機械等のメンテナンス・修理の際に発生する交換部品や油脂類などの廃棄物を適正に処理するため、当社では各事業所向けに廃棄物処理についての考え方や外部業者への委託における注意事項などをマニュアルとしてまとめています。

排水検査

当社では、水質汚濁防止法または下水道法の水質基準を遵守するため、日立建機グループとして、定期的に敷地外へ出る直前で採水を行い、水質分析を実施しています。

産業廃棄物の電子マニフェスト化推進

廃棄物の処理及び清掃に関する法律に基づき、処理委託契約書や許可証等の一元管理に加え、産業廃棄物の行き先を管理・見える化し、不法投棄等のリスク未然防止及びデータの透明性、事務処理の効率化を図るため、当社では電子マニフェスト化を進めており、22年度中に100%導入する予定です。

お近くの
拠点を探す

全国43都道府県・243拠点のネットワークで充実のサービスをお届けします。

お問い合わせ

商品に関するお問い合わせ、お見積、資料請求など、まずはお気軽にお問い合わせください。

Cookieの利用について

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。
Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。