解体

高層、中層、基礎、すべての解体作業に対応するマルチブームシステムの開発や搬送性を高めた組立・分解しやすい設計構造。日立建機の技術革新がお客様の負担を軽減します。

解体機の常識を変えた“マルチブームシステム”

活況を呈する都市再生の市場。解体機においても、日立建機はこれまで蓄積された油圧ショベルの開発技術を生かし、滑らかな複合動作のできる優れた操作性で作業を効率化させる専用機を提供してきました。さらに作業性重視の卓越した操作性はそのままに、解体現場に革命をもたらした「マルチブームシ ステム」を誕生させました。

1台の機械を使用し、現場の高さや作業内容に合わせてフロント部やアタッチメントを最適に組み合わせることのできる「マルチブームシステム」。 このシステムは、ベースマシンに装備したロアブームを共有し、中層・高層(ハイリフト、モンスターハイリフト)、基礎・下層(ツーピース ブーム)、バックホウ作業(分割ブーム)など、作業に応じたフロントパーツをジョイントさせることが可能。作業進捗状況によってフロントパーツを組み替えることにより、機械を入れ換える手間や搬送コストなど、お客様の負担を大きく低減しました。


ZAXIS1800K 35mモンスタハイリフトフロント仕様


ZAXIS1800K ツーピースブームフロント

マルチブームシステム

マルチブームシステムにはアタッチメント重量5.0t級を装着できるモンスターシリーズも用意されています。これにより、大型カッタによる鉄骨構造物や老朽化したタンク等の解体も効率よく行えます。ベースマシンが40t級と80t級の2クラスをご用意しています。

ZX1800Kマルチブーム仕様機

関連情報

関連製品

解体機

耐久性、安定性の強化により、解体作業の厳しい現場に対応。さらに何重もの装備で安全性も確保しています。

  • ショベル
  • 金属リサイクル機
  • ホイールローダ

事例紹介