自動車リサイクル

細かい複合作業もスムーズに行える自動車解体機。お客様の声を集約し、新しい市場に向けた製品やシステムを日立建機は先駆的に取り組んでいます。

法規制に先駆けて製品を提供してきた実績

2005年1月の「自動車リサイクル法」施行よりずっと以前から、私たちは応用開発製品として自動車解体作業のための特別仕様機を提供してきた実績があります。お客様からいただいた声を営業拠点と生産工場の双方が密接に連携することで情報を共有化。おさえる、つかむ、ねじるといった複合動作をよりスムーズに行うのに最適な速度や力、グラップルやクランプアームの形状や寸法など、トータルなバランス設定を実現しています。


ZAXIS225USR 自動車解体機

私たちの技術開発陣は、お客様とのコミュニケーションをはかるために自らも機動的に動き、自動車解体作業に適した細かい仕様をはじめ、すべての作業を効率化させるトータルなシステムの開発を追求しています。さまざまなお客様のニーズを汲み上げ、ベストな形に集約する「モノづくり」の姿勢 ―― 日立建機の進化のDNAは、今後ますます高性能な自動車解体機の開発を目指していきます。

ZX225USRE電動式自動車解体機

ZX225USR 電動式自動車解体仕様機

ZX135US-3電動式自動車解体機

関連情報

関連製品

自動車解体機

クランプアームと全旋回式カッタにより、廃車を効率良く解体、仕分けします。

  • ショベル
  • 解体・破砕機
  • 金属リサイクル機

事例紹介