日立建機日本 Hitachi Construction Machinery Japan 日立建機日本
サイト内検索 HITACHI Realiable solutions

建設機械の本格生産開始から70周年記念企画でギネス世界記録️™️を達成

カテゴリー:最新のトピックス 公開日:2021年4月5日

ギネス世界記録™️に挑戦しました!

日立建機の連結子会社で、国内の建設機械の販売や部品・サービス事業などを担う日立建機日本は、2020年度に建設機械の本格生産から70周年を迎えたことを記念して、折り紙の油圧ショベルによるモザイクアートを制作しました。

このモザイクアートは、「折り紙で作ったショベルカーの最多展示数/Largest Display of Origami Excavators」(5,204個)として、3月10日にギネス世界記録™の認定を受けました。

折り紙で作った油圧ショベルを1つ1つパネルに貼り付け、1枚のモザイクアートを制作

今回のギネス世界記録™への挑戦にあたり、日立建機日本の全従業員(246拠点、約3,000人)に呼びかけを行い、コーポレートカラーのタキシーイエローをイメージしたオレンジ色のほか白、黒、青、緑など10色の折り紙で約5,800個の油圧ショベルを制作しました。それらを日立建機日本の本社(埼玉県草加市)にて1つ1つ丁寧に特製パネル(縦2,940mm×横8,260mm)に貼り付け、1枚のモザイクアートを完成させました。

ギネス世界記録™の公式認定員から公式認定証を受け取る日立建機日本 榎本一雄取締役社長(左)

3月10日、ギネス世界記録™の公式認定員による厳格な審査を経て、5,204個が認定されました。
当日は、日立建機日本の各拠点をオンラインでつなぎ、審査の様子を見守りました。完成したパネルは、日立建機日本の本社(埼玉県草加市)のエントランスに、2022年3月まで展示する予定です。

是非、お立ち寄りください!

■日立建機グローバルサイトでもご紹介しています。
「建設機械の本格生産開始から70周年記念企画でギネス世界記録™を達成」

 

 

■実際の作業風景

全国から集められた折り紙

黙々と作業を続けるスタッフ

全て手作業

ひたむきに

1枚1枚丁寧に貼っていきました

お近くの
拠点を探す

全国43都道府県・246拠点のネットワークで充実のサービスをお届けします。

お問い合わせ

商品に関するお問い合わせ、お見積、資料請求など、まずはお気軽にお問い合わせください。

Cookieの利用について

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。
Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。