タイヤローラのデフロック装置の油圧回路に関するリコールについて

1. リコール情報

リコール届出番号

3536

リコール開始日

平成27年3月31日

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

デフロック装置を装備したロードローラにおいて、デフロック装置の油圧回路が不適切なため、デフロック使用時に高圧が発生し、走行モーターに過大な負荷がかかることがある。そのため、高い頻度でデフロックを使用した場合に、走行モーターの軸受けの消耗が早まり、最悪の場合、走行モータが破損して走行できなくなるおそれがある。

改善措置の内容

全車両、デフロック装置の油圧回路を変更した対策品に交換する。

自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置

  • 使用者:直接電話またはダイレクトメール等で通知する。
  • 自動車分解整備事業者:使用者を把握しており、周知のための措置は取らない。
  • 対策完了車については、計器盤左側面にステッカー(№3536)を貼る。

2. 対象車

対象車
車名 型式 通称名 リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間 リコール対象車の台数 備考
 日立  KDP-CP220  「CP220-3」  220-0102~220-0311
平成22年6月14日~平成23年12月20日
 8台
 住友  KDP-N22A2  「HN220WHH-2」  220-0191
平成22年6月21日
 1台
 (計2型式)  (計2車種)  (製作期間の全体の範囲)
平成22年6月14日~平成23年12月20日
 (計9台)
当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。