ホイールローダの動力伝達装置(走行用油圧ポンプ)に関するリコールについて

1. リコール情報

リコール届出番号

3249

リコール開始日

平成25年10月30日

不具合の部位(部品名)

動力伝達装置(走行用油圧ポンプ)

不具合の状況

当社ショベルローダに搭載している走行用油圧ポンプにおいて、内部のピンが使用条件により磨耗する場合がある。そのままの状態で使用を続けると当該ピンが折損し、ベアリング保持器を正常に支えられなくなり、最悪の場合、ベアリングが破損することで油圧ポンプが正常に作動しなくなり、前後進レバーの位置と異なる挙動をする、又は走行不能に至るおそれがある。

改善措置の内容

全車両、走行用油圧ポンプを対策品に交換する。

自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置

  • 使用者:直接電話またはダイレクトメール等でユーザに連絡する。
  • 自動車分解整備事業者:使用者を把握しているので、周知のための措置はとらない。
  • 対策完了車については、キャビン、左開口部のドアストライカー付近又は運転席前部カバーにNo.3249のステッカーを貼り付ける。

2. 対象車

対象車
車名 型式 通称名 リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間 リコール対象車の台数 備考
日立 KDP-HS59 ZW100 S59-00110~S59-01256
平成22年10月28日~平成24年11月05日
829台
KDP-HS59L S59-00355~S59-00959
平成23年01月24日~平成24年06月28日
7台
KDP-HS60 ZW120 S60-00105~S60-00280
平成22年11月03日~平成24年10月24日
87台
KDP-HS60L S60-00142~S60-00212
平成22年12月16日~平成24年03月13日
6台
TCM KDP-S59 ZW100 S59-00106~S59-00364
平成22年09月28日~平成23年01月13日
93台
KDP-S60 ZW120 S60-00108~S60-00144
平成22年10月01日~平成22年12月13日
20台
日立 EDR-HS61 ZW140 S61-00102~S61-08121
平成19年10月05日~平成24年11月07日
212台
EDR-HS61L S61-05412~S61-05502
平成23年09月10日~平成24年05月07日
3台
EDR-HS62 ZW150 S62-00183~S62-08117
平成20年06月02日~平成24年10月17日
31台
TCM EDR-S61 ZW140 S61-05105~S61-05356
平成19年02月04~平成22年11月18日
100台
EDR-S62 ZW150 S62-05103~S62-08101
平成20年02月05日~平成22年12月01日
28台
(計11型式) (計4車種) (製作期間の全体の範囲)
平成19年02月04日~平成24年11月07日
(合計1,416台)

(備考) 平成22年10月15日付け、届出番号「2623」にてリコール届出を行ったものであるが、その後の継続調査により別の原因によることが判明したため、改めてリコール届出を行うとともに、対象範囲を見直し、対象車種を追加するものです。

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。